FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る―音楽編―

  • 2008/12/21(日) 23:06:09

いつかの記事で「ストックはある」とか「下書きはある」と言ったアレだ。
早い者で今年もあと10日くらい。
ちょっと本気出す(`・ω・´) >ぇ




かなり昔ですが
「2008年を振り返る感じの記事書こうかな」と書きました。

ふと、思ったんだ。
何を振り返ろうか(ォィ

これも前回、色々書いてました。
上のことを書いたあと、少し例を挙げた気もします。
「今年聴いた曲の中で、こういうの良かったな?」とか
「今年こんな本読んでたんだな?」とか
「こんな出来事あったな?」とか
「こんな人と出会ったな?」とか
「こんなもの食ったな?」とか


要するに
音楽、文学etc...

さて・・・上の2つはまとめ方が、あるにはある。
下の3つ・・・正直、どうまとめればいい?(ぁ

いや、「出会い」というのが、どの出会いでも指していいならば
いろいろある。
「出来事」だったそうだ。

まさか、今年が始まったばかりの段階では
人の家の近くにある公園で、小学生に勝負を挑まれるなんて予想だにしてなかったΣ( ̄∀ ̄:

まさか、今年が始まったばかりの段階では
クラス内で、「頭がパーン」が連発されるようになるとは思わなかったさΣ( ̄∀ ̄:


しかし、それだけで、1つの記事を完結できるような自信も勇気もない。

特に前者は、書き始めると確実に暴走できる自信があるから
完結させれるような自信を持てるはずがないじゃない(ぇ

2つ目だってそうだ。
そっちだって、確実に暴走してしまう。
結局、「特に前者は」もクソもなくて、絶対暴走できるんだね(`・ω・´) シャキーン >ウオィ

で・・・まあ・・・

候補は、「音楽」「文学」に絞られたわけだが

後者は、頑張っても、読んだ本を書く程度だから・・・


面倒くさいんで、今日は「音楽」で。

はい。ここまでグダグダ。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。





普通に最初から
どこかのブログの パクリ オマージュとして

「2008年 シングルランキング」みたいな企画をぶっ放しても良かったんですよ。

極めて私的で偏りに満ちたランキングでも。

しかし・・・だ。
そうした場合、そもそもが今年の曲を知らないんだ。絶対グダグダで終わる。

「○○ feat.△△」なんて、はなから毛嫌いして聴かなくて
いざオリコンとかのランキングを見てみると

シングルではジャニーズ勢の曲が上位に、というか「ジャニーズブランド」がないと売れないみたいですね、最近ってΣ( ̄∀ ̄:
そして、着うたは、さっきあげた「feat△△」だ。

ほとんどしらねwww(ぁ


だから・・・

まあ・・・それもやってはみたいけど(ネタ作り的な意味で
でも、その前に、今回は

「今年話題になった人」を

僕の知る範囲で、色々書いてみたいと思います。




■GReeeeN

凄かったですね。
あの、「俳優の起用」に無理があった感満載のドラマ『ルーキーズ』の主題歌「キセキ」が
かなりのロングヒット(だったと思う)になり

その楽曲を収録したアルバム「あっ、ども。おひさしぶりです。」は
出荷枚数ベースでミリオンを達成したらしいです。

実は、去年、「情報」の授業のタイピング練習で
『愛唄』の歌詞をタイプさせられた記憶があるのです。
当時、「等身大の歌詞ってやつが話題なんだよな」という認識しかない状態で歌詞を見て・・・

絶句した。どっちの意味かは想像して(´∀`)


■Perfume

女性3人組テクノユニット
というふれこみの、広島県出身の・・・一応ローカルでもアイドルっぽいポジションにいたんだから、「アイドル」と言っておきましょうか・・・

同郷出身です(´・ω・`) >しらん

だからか、どうしてもひいき目に見てしまっていた。この1年間。
何かの漫画では、「これは田舎者の特徴だ」とか書かれていたけど
実際に田舎者なのだから仕方がない。

まあ、それは置いておきましょう。

2007年に『ポリリズム』からブレイクして
今年は、シングル『Baby cruising Love/マカロニ』、『love the world』、『Dream Fighter』
そしてアルバム『GAME』をリリースしました。

特に、『love the world』は、テクノグループ初のオリコンシングルチャート首位を達成しました。

さて、こういうアイドル
(一人ゴリラみたいなのが居ますが、広島時代はホントにアイドルっぽく売り出してたんで
「アイドル」ってことでお願いします。今回は)に付きまとってくるのが

「口パクなんじゃね?」って問題です。

ただ、彼女たちの場合は・・・
声があんなに加工されるので、基本的に口パクじゃないとあんな声出せないんですよね(´∀`)

FNS歌謡祭を見た感想で「やっぱり口パクだったんだな。あの歌(広瀬香美とのコラボ)は酷かった」と言う人がいますが・・・まあ・・・
「口パク」ってこと、分かるだろ? 普通に考えて、と思った(ぁ

ただ、僕は「中田ヤスタカのサウンド」は結構好きです。
歌い手は正直、どうてもいいですが(ぁ

つか、このPerfumeは・・・
ある奴のトークが毎回暴走して、聴いてて疲れる・・・

あ、「『GAME』は名盤だ」と良く聞くけど、ホント?(ぇ


■矢島美容室

さて・・・FNS繋がりで、こいつらでも^^;

そもそもの起源というか、結成の所以とか、「設定」とかについて書いておきますと・・・

マーガレットの夫である失踪中の日本人美容師の矢島徳次郎を探す目的で3人は来日し、矢島が気づきやすいようにとユニット名もそのまま矢島美容室とした。
メンバーの年齢は2008年10月当時。プロデューサー3名が各自メンバーをプロデュースしているが、各プロデューサーとは偶然顔が似ている。
マーガレット・カメリア・ヤジマ(Produce by 木梨憲武、1972年 - )
ヤジマ家の母。36歳。地元では「黒い稲妻(ブラック・ボルト)」なる異名を持っていた元ヌードダンサー。日本名は矢島マーガレット。
スターダムの座をつかみかけておきながら日本人美容師だったヤジマのハサミさばきに惚れ、「フツーの女の子に戻りたい」と、惜しまれつつも19歳の時に引退。日本語は慣れず片言で話す。
ナオミ・カメリア・ヤジマ(Produce by DJ OZMA、1991年 - )
長女、17歳。日本名は矢島ナオミ。
母親の職業を嫌っていたが、裸で踊るよりもいいという諸事情でついてきた。父親の影響で男性嫌いになり、特に下ネタを嫌っている。日本語は日常会話に支障が出ないほどマスター。愛読書は小悪魔agehaで、盛りヘアーにしている。EXILEのHIROに憧れている。父親似らしい。
ストロベリー・カメリア・ヤジマ(Produce by 石橋貴明、1996年10月22日 - )
次女、11歳。一番大柄で好奇心旺盛。アフロヘアーが特徴。日本名は矢島ストロベリー。
日本語は父親から直接教わったと思われ、日本語の言い回しは一番達者だが親父ギャグなどダジャレや物真似のネタが古く(大橋巨泉や田中角栄)、最近の若い人にはわかりにくい日本語を連発。適当な日本人を見れば「パパ!ダディ!」と呼び叱られている。マーガレットに父親は徳次郎ではない?事をうたばんで暴露された。



一番下の「11歳」が無理のある気がしなくもないが
(というか、そもそもの設定がgdgd)
まあ・・・こういう設定です。

この人達、まあ・・・FNS歌謡祭に出たんです。
おそらく、フジテレビの番組のよしみで出れたのでしょうが
ええと・・・その・・・

石橋 ストロベリーのマイクが倒れたんです。
それでも普通に声が流れて、口パクがばれたんです。

翌日、学校では、いろいろ言われてましたね。
「口パクだった」とか「ふざけてる」とか。

でもさ・・・

元々がネタみたいなものなんだから、口パクはデフォでしょ。デフォ(´・ω・`)

つか、木梨 ナオミの声がなんか、太かったのに驚いたな・・・
レコーディングでは、あれを出したってことですからね(ぇ
DJ OZMA マーガレットよりも、声にハリがありましたからね。(ぇ

しかしなあ・・・何回みてもこいつら・・・
とんねるずとDJ OZMAだよn・・・おい、お前ら何をする、うおっ。。。やめr(ry


■羞恥心

最初は「やれやれー」と思ってました。
企画モノの彼らが、浜崎あゆみのシングルを退けてデイリーチャート1位を突っ走ってましたし。
何らかの権力が働いて 1位は浜崎でしたが。

確かに、面白かった。企画として。
番組で珍回答をする(どこまでヤラセかはこの際無視して)3人を集めて
アイドルという設定でCDデビュー。

サビの歌詞も「羞恥心 羞恥心」と連呼するだけ、というシンプルなもの。
しかし、企画モノだからこそ、それが活きた。
やっぱり、上でも書きましたが、面白かったですしね。

しかし・・・
1枚で止めておくべきだった。確実に(´A`;)

2ndシングルを出しまして、翌月にはPaboと組ませてアラジンとして1枚リリース
更には番組内で数組また作って、一緒になってアルバムリリース。
いくらなんでもやりすぎだろ・・・カシアス島田とかいう名前もなんか・・・うん・・・紳助(ぁ

1枚目でやめておけば・・・


■いきものがかり

「話題になった」かどうかは知りませんが、一応入れてみる。
今年は、かなり精力的にリリースを行ってきた。
何せ、シングル5枚・アルバム2枚だ。
それでいて、それぞれがある程度のクオリティを保てているのは凄いと思う。
以上。


■Mr.Children

これも「話題に?」かどうかはしらんが、一応。
こちらも、例年にないほどのペースでのリリースを行った。
『GIFT』『HANABI』『花の匂い』『SUPERMARKET FANTASY』
以上。


■ジェロ

こいつを忘れてた。
『史上初の黒人演歌歌手』というふれこみのもとデビューすると
1stシングルの『海雪』は年間チャート22位
また、様々な音楽賞の「新人賞」をとって・・・るんですっけ?(ぇ
まあ・・・かっさらっていくことでしょう。
紅白にも出場するみたいですね。

まあ・・・これからの当面の問題としては
「残っていけるか」これに尽きると思います。
話題性だけで残れやしない。


以上
7組について書いてみました。

途中2組ほど、明らかすぎる手抜きがありますが
気にしたら負けです(`・ω・´) シャキーン


最後に一言。

秦基博・・・歌うますぎだろ・・・・


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

さて、記事公開からだいぶ立ったが
いつになったら本気を出すんだい?(
だいぶ間隔があいているんだが(
早く音楽編以外のものも(

で、いろいろ突っ込みたいのもあるがとりあえず
何故鼠先輩がいない(
あれをネタにしないで何を(ry

  • 投稿者: CN
  • 2008/12/27(土) 22:27:40
  • [編集]

▼CNさん

>いつになったら本気を出すんだい?(
>だいぶ間隔があいているんだが(

もう本気出せない(マテ
最近これでも頑張ってると思いますよ(自分でいうな
別の記事書いてる途中ですし。着々と完成へと進んでますw

>早く音楽編以外のものも(

「書籍編」の方へも進んでおります。
「対人関係編」という方は、個人情報保護法とのかねあい等も考えながら、やるか「やらないか」を決めたいと思います(ぉ

>あれをネタにしないで何を(ry

だから矢島びy(ry

  • 投稿者: ユーカリ
  • 2008/12/28(日) 01:56:07
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。