FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文体を取り戻すための戦いといえば聞こえがいいが、要は、ふらついた不安定。

  • 2010/02/27(土) 03:12:07

国立二次試験終了。


時間的に終わったわけで、決して、出来なかった訳ではない。
と、信じたい。




24日、新幹線に揺られること○分(とはいえ、電車ほどには揺れない訳だが)、目的の駅に到着し
更に在来線を乗り継ぎ、宿泊先に到着。
そこに荷物を置いて下見に行き、帰って、寝て、
試験を受けて、新幹線に乗って、帰った。


という、情報の極めて少ない旅行記。



だって、何回も在住地を記事に載せてる時点で
時間とか書いたら、どこ受けたら分かるし(´・ω・`)




まあ、新幹線という交通手段を明確に示している時点で
北海道大学、広島大学、愛媛大学、香川大学、徳島大学、高知大学、琉球大学は候補から外れる訳ですが。


北海道と青森県を繋ぐのは、電車だった筈だ。
そもそも、あんなところまで行くなら、飛行機を使う。

広島大学に行くのに、新幹線は必要ない。

四国へは、船で行くか、記憶によれば橋に付いてた電車に乗る。新幹線は不要。

琉球大学へは、飛行機へ行く。まあ、九州新幹線等で鹿児島に行き、そこから船という選択肢がないでもない。
しかし、船という交通機関に触れていない時点で、無理だろう。



いや、別に、推理合戦を楽しみたい訳ではないし
実際に当てられたら困るから、是非ともそれはしたくないんだけど――




ちなみに、それでもしたいならば
更新日が「今日である」ということも考慮に入れないといけませんよ。

これが、もし「昨日」で、おまけに「終わった」なんて書いていたらアレですが
あいにくにも、今日ですし、いつ試験を受けたかも書いていませんし。

つまりは
「東京大学」「京都大学」「一橋大学」は、受験科目が多いが故に、試験が二日にわたってあるということです。
そして、その二日目というのが今日に当たります。

今日も試験を受けたという事柄について肯定も否定もしませんから
僕がそのどれかを受けてきた可能性もあるということです。


として、推理合戦の難易度を上げようとしているわけじゃないんだからねっ!(ぇ



という、ツンデレ・アピールをしてみたことで、思い出した。

そういや、『涼宮ハルヒの驚愕』の一部が、4月30日に発売される雑誌『ザ・スニーカー』に
先行掲載されるそうですね。試験前日に知って、テンション上がった。

とりあえず、そろそろ3年間出っぱなしの長門の熱も下がることでしょう。


如何せん、アニメ(2009年版)から入ったもんで
『涼宮ハルヒの憂鬱』時のハルヒの髪色に違和感を抱いてしまう。自分が邪道だとは思っているのだが……




って、僕は一体何の話をしているのだか……
脱線もいいところだ。


つか、思ってみれば、口調がそうであるだけで

大してツンデレでもないんじゃないだろうか……


とりあえず、最初の文字を繰り返して、最後に「だからっ」とつければ
大抵の台詞はツンデレ化するというと聞いたことがある。


「こっ子宝」
とかになると、それはもう、十分デレたあとなのですが……
まあ、そういうことは、どうでもいいでしょう。



って、結局、僕は何を言ってるんだ_| ̄|○






なんとか軌道修正をしようと思った。
腹痛を催して、トイレに行ってきた。
結局、修正すべき方向が分からないことが分かった。

泣けてきた。


そういえば、前回の更新後、もう一度更新を目論んでいた訳ですが
別に更新すべき事項でもないし、下書きのままなんだ。もう公開しないけど。

そこで、書いていた記事の中に
色々と書いていたはずだから、色々とここで紹介してみる。


■サカナクション

確か、去年の4月くらいの記事で、「いいよ」みたいなことを書いていたはずだ。
まあよく考えてみれば、『シンシロ』発売はそのころだったから
既に出てきていたとも考えられる訳だけれど。
で、それで、別に「前から知ってたもんね」アピールするのでなく、というか、なんというか
まあ、それでも、前々からそこそこ知っていて、そこそこ好きだったバンドが
メジャーになっていくのは、僕は嫌いじゃないので
「いや?、よかった」と、近所のオバチャン的な台詞を吐いてみた訳だ。

『アルクアラウンド』はいいと思うよ。


■相対性理論、school food punishment

ということで、紹介してみる、最近はまってるところ。
まあ、相対性理論は、「CDショップ大賞」なるものを昨年既に受賞している訳で
ネットとかを見ると、なかなか話題なのである。
テレビに出ないのは主義だというのは、何となくそんな雰囲気があるから不思議ではないのだが
メディアも、少し、取り扱っても良いのじゃないだろうか。
その、ショップ大賞を。
school food punishmentは、『東のエデン』で知った。
映画を見たいのだが、生憎、公開が少なすぎで、?を見ていないから、?がまもなく公開なのに
見に行けないのが残念だ。
おそらく、?を見ないと意味不明だろうし、絶賛?のネタバレ中! って感じになるだろうから。
まあ、完結編だとそれが当然だろうけどね。


■志村正彦(フジファブリック)

追悼。



このくらい。


さて、本気で書くことがなくなってきた。


とりあえず
色々とネットサーフィンしてみて、楽しんでる。




『涼宮ハルヒの消失』がヒットした御礼試写会が開かれて
その登壇者が
茅原実里(長門有希役)、後藤邑子(朝比奈みくる役)、桑谷夏子(朝倉涼子役)、松岡由貴(鶴屋さん役)らしい。

…………誰が話まとめるんだよ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


『化物語』の14話がようやく完成したらしい。「つばさキャット 其の肆」が配信されたらしい。
そして、そのOP。これまでのクオリティを期待して見てみたら
なんだか実写だったらしい。まだ見ていないが、このまま見ない方がいいのかもしれない。


『うみねこのなく頃に』のアニメ版は
ピーピーアニメ、モザイクアニメ、尺足りないで大変なことになっていたみたいだ。
とりあえず、アニメが少ない広島在住の僕は、BS11で視聴していますが
まあ、なかなか。そういえば、『生徒会の一存』が始まってた。BS日テレでもやってたのに……



その他、色々と吐きたいことはあるけれど
もうだるい。





投げ出すのが、僕の悪い癖だ。
なんて嘯いてみて、「後半」のスタート。

前の記事を読み返してみた訳だが……
なんか「移転」とかかいてましたね。

そして、こうして記事を書いている。

有言不実行とは、僕のためにある言葉だなあ、なんて改めて自覚する駄目人間ですよ、僕はΣ( ̄∀ ̄:



でも、「卒業後」という注釈というか予防線を張っておいたので
一応、嘘を吐いたことにはならないんですよ。
自分で読み返してみても、かなり酷い。暴論だ。


何だろう、自分で文章書いていて、自分が自分じゃない気がする。
なんていうと、「ぼくの中には、僕の皮を被った、非ぼくがいるのさ(`・ω・´) 」的な
なんだかいわゆる、厨二的な発言めいて聞こえるかもしれませんが
なんだか、実際にそういう感じがしてしまっているのだから、仕方がない。
いや、言い方を変えよう。
正確に言えば
自分で文章を書いていて、なんだか文体が、自分のそれとは少しだけ乖離していて違和感がある、だ。



村上春樹と西尾維新は、文体に中毒性があるから困る。


「作家は、自分の文体を持つべきだ」なんて、村上春樹が言っていたが
妙に読者(受けて)の中に影響を残してしまう点では、確かに、作家としては必要条件なのかもしれない。
うむ、なんだろう。中毒性というか、これは、影響力を妙に持つだな。


という、どうでもいい自己分析はおいといて……


意味もなく、どんどんと、過去の記事を読んで言ってるんです。
自分の文章を、しかも、勢いだけで書いていった文章を読むのは、どことなくこそばゆい感じもあり
だけれど、試験用にカスタマイズされた文体とふざける文体の狭間て
揺れて非常に読みづらく、意味が分かりにくく、リズムが悪い文章を書いている今と比べて
何だか少年時代を解雇する大人みたいな、どことなくノスタルジックな気分に浸ってみて
今に至っている訳ですよ。この十数分間の出来事です。

学生ブログということもあり、学生チックな記事が掲載されています。学校行事とか。
文化祭とか体育祭。嗚呼、そんなものもあったねえ、なんて、昔を懐しんでみたりして。
で、このままだと、このグダグダな駄文を軟着陸させることができないままで、朝を迎えそうなので
なんとか集結させたいと思っている僕は、こんなことを考えてみたのです。

体育祭について、覚えていることを書いてやる。



僕の、脆弱な記憶力を持ってすれば、ほとんど書けないままに終わって
どっちにしろ、駄文のまま、尻すぼみ的に終わるのでしょうけどね。


今のご時世、明日仮に僕が、センセーショナルな殺され方をして死んでいった場合
「○○君は、ブログをやっていて――」と、このサイトが載ることでしょう。
その際、こんな駄文とかいうのが、あの棒読みのナレーションで読まれることは勘弁願いたい。
だけれど、ナレーションの棒読みとかは、どう願ってもどうにもならない。
そもそも仕事でやらされているのに、こんな情感の伝わらない文章に、感情の込めようなんてないのだから。
しかし、だ。この文章は、自分でなんとかなる。
それを自覚しながらの、このクオリティだ。2chで祭りがおこるかもしれない。
おそらく、テレビ局側も、どこから引用するべきなのかに迷うだろう。
インタビューも、近所のやつとはもう6年近く会ってすらいないというのに、その件の近所のやつに
「いつも優しく振る舞っていた奴でした」なんてコメントさせるのでしょう。
それが厭だから、今日も駄文を書いて、明日を生きていきます。


なんて不純な動機なんだ(おまえがいうな



絶望した! 
長々と引っ張った似非評論家気取りの文章のオチがショボイことに絶望した!!!








というわけで、気を取り直して、体育祭について。


とりあえず、うちの体育祭には「立て看板」なるものが存在する。
それは、それぞれのチームが、それぞれのチームカラーに沿った絵を描いた看板。
そのチームとは、体育科のエゴによって分けられたチーム。
組毎に、カラーを設定する。学年からほぼ一クラスずつ、6チームに分けられる。
赤チーム→一年二組+二年二組+三年二組。みたいな。

で、6チーム。
一昨年は、そのうち4チーム。すなわち、3/3(100%)が、いわゆる「アニメ系」の絵でした。

まあ、ドラえもんとか入ってたので、牧歌的と言えば牧歌的ですが
それまで「カープ坊や」とか「仮面ライダー」とかだったのを考えれば
劇的な変化だった。劇的すぎた。東方がいたし。?だっけ?

そして、去年は……

まあ、66%だったんだけどさ、密度は確実にレベルアップしてやがったねwwww


■一昨年のラインナップ

ランカ・リー、地獄少女、機動戦士ガンダム、スポンジボブ、東方の何か、ドラえもん


■昨年のラインナップ

仮面ライダー(中の人が校長)、式波・アスカ・ラングレー、マイケル・ジャクソン、ピカチュウとピチュー、ナミ、何か。


別にね、ラインナップ自体は進化していないのだよ。でもね……



どう考えても、アスカのクオリティが高すぎるんだよヽ(`Д´)ノ


とりあえず
これって、期限内に完成するの? ってくらいの寡作な芸術家的なペースで描き上げられていくアスカ。
但し、僕らも、それが凄い作品だってのは分かってたさ。近くで、別の作業してたんだから。
高3が、秋という大事な時期だけど、それがなくなるとうちらしくなくなる、だからこそやっている出し物の準備。

何せ、完成していた部分だけで、グラデーションが凄いんだもん。光彩っていうのかな。


ほんとね、あいつら、全員、シャフトに就職すればいいよ。


そして、前日、完成したアスカ。
もう凄かった。一点の抜かりも曇りもないっていうのかな。
グラデーションも、光の具合も、全てが完璧。少なくとも、素人目にはそう見えた。

但し、凄すぎて、一般受けが明らかに悪いんだろうなという気がした。


とりあえずね、100m近く離れて見ても、細部の拘りの違いが分かるくらい凄かったんだよ。
実際に生でみてもらいたかった。そのくらい凄かった。


ただね、みんな、言ったんだよ。
「いくらなんでも、アスカだぜ。綾波じゃないんだぜ。一般認知度はどうよ?
 俺は、こいつと一緒に、さっき写真撮ったけど、女子高生ひいてたぞ。
 これが一位になったら、うちの学校終わりだぜ」
と、語るは、某クラスメイト。


駄目なコメントだった。

作者注;(立て看板の出来映えを競う賞がある)



ちなみに、その立て看板、アスカ。見事に優勝でした。



さて、「立て看板」は終わった。次だ。
とはいえ、自分が実際に出た種目は、もう色々と壊れてて、おかげで、記憶も壊れてる。
とりあえず、覚えてることは、ハチマキを四本くらい巻いて走ったくらいだ。
完全なる乱心。まさに、ブログのタイトルの如き、気狂いピエロだった。


だから、今回語るのは、他の学年の競技中に掛かっていた、曲……なのだが……


「マクロスF」多すぎワロタwwwwww


だって、組み体操している最中に、シェリルが
「射手座午後九時☆Don't be late!!!」とか叫んでるんだぜ。

もっていけ??????!!!って(´・ω・`)



何を持ってくつぅんだよ。



そして、一年生の退場時の音楽が、「ハレ晴レユカイ」だった。

イントロがかかってきた瞬間、「ハルヒだ」と言ってしまった僕は
とうとう一般人には帰れなくなったのだろうな、と思った。


とまあ、とにかく楽しくて、とにかく一般向けではない体育祭でした。


以上。


ほら、尻すぼみ。



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

なんか溜まってた鬱憤吐き出したようなてんこ盛り記事だねwww

まぁお疲れさまでした

後一つ誤解がある
まぁこっちが悪いんだけど補欠合格と言ったがまだ決まってないんだよねwww

補欠で追加合格の発表はまだなんだ。

追加発表がその他の大学の入学金締切より後なので追加受からなかったら浪人という展開なんだ(´・ω・`)


あと体育祭ですがうちそんなカオスではなかったですwww

  • 投稿者: CN
  • 2010/02/27(土) 22:13:03
  • [編集]

▼CNさん

>なんか溜まってた鬱憤吐き出したようなてんこ盛り記事だねwww

知識よりも鬱憤の方が溜まった数ヶ月だった気がしますww

>補欠で追加合格の発表はまだなんだ。

嗚呼、そう言う展開か。
そういえば、中学入試の時にそういう展開があったわ。
成る程、忘れてた。そういや、まだ〆切には早いよね。
受かると良いな、○○大学蕩れ

>あと体育祭ですがうちそんなカオスではなかったですwww

もっとカオスな出来事もあったのですが
それについては色々と問題があったので、記しませんでした。
いつかチャットとかで会えば、その時話してもみたいのですが……

  • 投稿者: ユーカリ
  • 2010/03/01(月) 02:29:29
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。