FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活字嫌い生産工房・・・

  • 2008/08/26(火) 01:11:00

「先生、あのね・・・」で始める文章。
小学校1年生のころありました。「先生、あのね」
いや、あの頃だから「せんせい、あのね」でしょうか。

まぁ、そんなのは、どうでもいいや(ぇ

あれは、とりあえず
その日あった出来事を、「先生、あのね?」といかにも楽しそうに書くもの。
だったように記憶しております。

間違っても
「せんせい、あのね、今日、おかあさんが
 おとうさんと、けんかして
 おとうさんが、しらない女の人といっしょに
 おうちをでていきました。」

などと書いてはならない、断じてならない。


さて、少し学年が上がると
普通の日記。ってのがあったと思う。

いや、他の学校のことはよくわからないが
大概に置いて同じような教育プログラムでいってるので、あったと思います。
(無かった場合は僕の出身小学校が異常だったってことで)


で、ここまでは普通だと思いますが

うちの小学校では
僕が小学校6年だった頃に
「読書マラソン」ってのが開催されました。



これについては、「アンサイクロペディア」にも載ってます。
ユーモア溢れる、と自称してますがユーモアの次元を
 テニプリの重力無視並に越えてるのもあるので注意


何をするか、というと
「この1年、合計10000ページ以上本を読め」という

何をそこまでして本読ませたい?って企画でした(´・ω・`)

この企画は、第六学年全体(といっても2クラス)で行われたのですが
隣のクラスは漫画可だったwwwwうち駄目だったwwwwハンデありすぎwww(ry

でも、二週間で?ってとこもあるらしいですし
その点では簡単でしょうね。
「この本を読みました」といちいち書くのが面倒くさかったですけど。


まぁ、当時馬鹿正直だった僕は、読みまくりました。
とにかく、読みまくりました。

ズッコケ三人組ばかりを。


この時期は、那須正幹先生に大変お世話になりました(ぇ

まぁ、その結果もあり、クラス6位でしたね。

中学受験の勉強を犠牲にしてまで読み続けた成果ですね(馬鹿


ここで
唐突にこういう話題を挙げた理由を述べたいと思います。


毎回理由は後から挙げているように思われるでしょう。
実際そうです。
理由って大概は後から付いてくるもんなんですよ(黙


まぁ、理由だ。
「理由を述べたい」と言った以上、理由は述べられないといけません。

理由:

予定を大きく無視して、読書感想文終わってないんd∵(´ε(○=(゜∀゜ )


いや、あれだ。
「これで感想書こう」という名目で本を買って読んだんだよ。
この休み中はそんなに量多くないけど。

一応日頃から本を読んでる方だと自負している僕ですが

読んだ本がことごとくわけわからんかったのは・・・(ぇ


佐藤友哉『子供たち怒る怒る怒る』
まぁ、これはグロかった(ぁ
読んでる途中で吐きそうになった(ぁ

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』
まぁ、面白かったのは認めるが
オチが、俺の理解能力の限界を超えてた(ぁ

『Mr.Children?』
まぁ、これで書くわけにはいかんな(ぁ


そんな状態だ_| ̄|○


本来、本を読まなくても書けるらしいんだよね。
始めと終わりの3ページと解説。
これは、「普通のやつ」がやる戦法らしい。

それでも今まで俺は、全部真面目に読んできたサーセンwwwwwww(ぇ

そして、少しでも「知恵」が働く奴は
解説だけで書き上げ

もっと知恵が働く奴はAmazonで書くらしい。


全部やったことはないけど、そういうものらしい。



だけど、ちゃんと読んで書きたいってのが心情なんだ(ぇ


という決意表明をしておけば

いざというときも、何とか屈服せずに済むだろう、という計画(黙



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。